コマを包み込むように、翌日陽線が出現するチャート。

 

コマの出現は、買いも売りも少ない拮抗している状態を表す。

 

コマが底値で出現すると、これ以上株価が下がらないと考えられる。

そして翌日にコマを包み込むように陽線が出現すると、株価は下げ止まり買いが増えたということになる。

よって、株価は上がる可能性が高い。上昇トレンドへ転換する。

 

チャートの途中に出現することもよくあるため、その後出現するローソク足が重要となる。

抱き線の後、連続して陽線が出た場合や窓開け陽線が出た場合は、買い時といえる。

 

 

目次へ戻る

株価上昇のサイン「下ヒゲ後の陽線」下ヒゲ→陽線  

株価上昇サイン「下ヒゲ線出現後の下ヒゲ陽線」下ヒゲ→下ヒゲ陽線

株価上昇サイン「コマ出現後の抱き陽線」コマ→抱き陽線

ブログランキング・にほんブログ村へ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です