株価がどんどん下がり、勢いよく一気に窓を開け下落。 下値に飛んだ次の日、 株価が上がりいきなり窓開け陽線が出て置いてきぼりをくらうチャート。

 

 

買いの勢いがなくなると、株価はどんどん下がり売りが増えていく。

そして、窓を開けて陰線が出て株価は下がる。

投資家はここが底値だろうと考え、買われて陽線が出る。

売りがなくなり、少しの買いでもギャップを開け株価が上がる。

 

宵の明星の逆パターン。

 

この明けの明星のサインが出た翌日、株価が上がると上昇トレンドへ転換する可能性がとても高い。買いのタイミングでありチャンスである。

しかし、このサインが出た後に株価が下がっていった場合、下降していくダマシとなることがある。

 

 

目次へ戻る

株価上昇のサイン「下ヒゲ後の陽線」下ヒゲ→陽線  

株価上昇サイン「下ヒゲ線出現後の下ヒゲ陽線」下ヒゲ→下ヒゲ陽線

株価上昇サイン「コマ出現後の抱き陽線」コマ→抱き陽線

株価上昇サイン「明けの明星」明けの明星

ブログランキング・にほんブログ村へ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です