横ばい状態の後に、突如窓を開けて陽線が出たチャート。

 

横ばいとは?

買い・売りどちらの勢いもない迷いの相場。
拮抗している状態のこと。

 

株価が持ち合って上にも下にも動かない 期間がある。

投資家たちが迷いながら売買しているためである。

ここで何らかの理由で株価が上がると、一気に跳ね上がる可能性が高い。上昇トレンドへの転換である。

 

持ち合っている期間が長いほど、上昇率は高い。

天井までその株を持ち続け、利益確定できれば最高である。

 

逆に、持ち合いから陰線が出て株価が下がり始めたら注意である。

そのまま下落する確率が高く、だらだらと下げることもある。

塩漬け状態にならないよう、気をつける必要がある。

 

 

目次へ戻る

株価上昇のサイン「下ヒゲ後の陽線」下ヒゲ→陽線  

株価上昇サイン「下ヒゲ線出現後の下ヒゲ陽線」下ヒゲ→下ヒゲ陽線

株価上昇サイン「コマ出現後の抱き陽線」コマ→抱き陽線

株価上昇サイン「明けの明星」明けの明星

ブログランキング・にほんブログ村へ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です