株価には、3つのトレンドがある。

上昇トレンド・・・・株価が上昇中
    横ばいトレンド・・・上昇と下降の繰り返し
下落トレンド・・・・株価が下落中

 

買いのタイミングとしては、上昇トレンドになる直前に買うのがもちろん良い。

 

「んなもん、当たり前だ!」と思われそうですが、難しいのなんの。。。

 

まず株価の上昇を予測するには、上昇トレンドの特徴がわからないと予測すらできません。

 

それでは一緒に上昇トレンドの特徴を見ていきましょう。

 

上昇トレンドの特徴

 

株価、移動平均線が上向き

株価の上昇中は、もちろんチャートでは上へ上へ向かっていきます。

 

株価上昇と同時に移動平均線も上へ向かっているのが、上昇トレンドの特徴です。

 

移動平均線とは、 一定期間の株価の平均を繋げたもの です。

 

移動平均線とは?

【株の基礎】移動平均線とは?

 

ですので移動平均線が上昇していないと、上昇トレンドとは言い難い。

 

株価が短期移動平均線より上

株価が上昇中であるならば、移動平均線が上向きであるはず。

 

そして今尚、上昇が続いているのであれば株価は上へ上へ向かっているはずである。

 

よって、株価の平均を繋げたものである移動平均線よりも上にあるのが望ましい。

 

短期移動平均線(5日)と中期移動平均線(25日)が上昇していると上がる可能性があります。

 

上昇トレンドをチャートで見る

YAHOO!ファイナンスより引用

 

この任天堂のチャートはとてもきれい。

 

真ん中あたりから大陽線がでて、短期移動平均線が上昇。

そしてゴールデンクロスし、中期移動平均線も上昇。

 

ゴールデンクロスとは?

【株の基礎】ゴールデンクロスとは?

 

上昇トレンドに変わっています。

 

注意点

紹介した上昇トレンドの特徴に当てはまるからと言って、必ずしも株価は上がるわけではないことに注意。

 

多くの資金を持つ投資家が、小型の株を売買するだけで株価が大きく動くこともあるからである。

 

経済状況、悪材料や決算なども、大きく関わる。

 

状況を見て判断しよう。

 

 

目次へ戻る

 

他の上昇サイン

株価上昇のサイン「下ヒゲ後の陽線」下ヒゲ→陽線  

株価上昇サイン「下ヒゲ線出現後の下ヒゲ陽線」下ヒゲ→下ヒゲ陽線

株価上昇サイン「コマ出現後の抱き陽線」コマ→抱き陽線

株価上昇サイン「明けの明星」明けの明星

ブログランキング・にほんブログ村へ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です