株にも税金がかかることをご存知でしょうか?

株で利益が出ると、税金を払わないといけません。

 

会社から給料をもらうと所得税を払うように。

物を買ったら消費税を支払うように。

 

税金を支払う必要があります。

 

今回は、株にかかる税金について簡単に解説します。

上から順にみるとわかりやすくしておきます。

 

株にかかる税金とは?

株で税金がかかるのは、株で利益が出た時配当を受け取った時です。

 

所得税・住民税がかかります。

税率は、全員同じで < 20.315% >

< 15.315% : 所得税 > 

<  5%   : 住民税 > 

 

利益が出ると、20.315%の税率で税金を納める必要があります。

 

そして必要になってくるのが、確定申告

 

株で儲けたら確定申告が必要

税金を支払うためには、確定申告が必要になります。

 

自分自身で、確定申告するのは基本「嫌」ですよね。

 

確定申告が面倒な方は、証券会社にやってもらいましょう。

(証券会社にやってもらうことを、源泉徴収という。)

 

証券会社で源泉徴収をしてもらうには?

証券会社で口座を作る際

特定口座  
源泉徴収あり

 

を選ぶ必要があります。

これで何もしなくても、証券会社が税金を計算し納めてくれます。

 

源泉徴収なしを選んだ場合は、税金の計算は証券会社でしてくれます。

しかし、確定申告は自身でする必要があります

 

一般口座を選んだ場合は、すべて自身でする必要があります

源泉徴収してくれないため、税金の計算や確定申告をしなければなりません。

 

株の確定申告・源泉徴収まとめ

 

口座       特定口座 一般口座
源泉徴収  あり  なし  なし
税金計算 証券会社 証券会社  自身
確定申告 必要なし  必要  必要
税金支払 証券会社  自身  自身

 

 

 

株で税金がかからない方法2つ

株で利益が出ると税金を支払わないといけないと紹介しました。

 

実は税金がかからない方法もあります。

 こちらの2つ。

  ①利益が20万円以下
  ②(ニーサ):少額投資非課税制度

 

①本職の給料以外の収入が、合計20万以下なら税金が免除されるためである。

 

②では、NISA(ニーサ)とは?

 

NISA(ニーサ)とは?

株での税金が5年間かからなくなる制度のこと。

 

年間120万(5年で600万)と上限は決まっています。

 

ただし「NISA専用口座」を作らないといけません。

 

1年で120万以内なら、税金を支払う必要がありません。

 

株初心者の方は、NISAの口座を開設しておくことをお勧めします。

(口座開設には、2週間から1ヵ月ほどかかります)

 

目次へ戻る

 

株とは?株初心者向け

【株の基礎】株で儲ける3つの方法を株初心者に解説

【株の基礎】株価が上昇する要因

【株の基礎】空売りとは?

【株の基礎】移動平均線とは?

【株の基礎】出来高とは?

ブログランキング・にほんブログ村へ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です